月別アーカイブ: 2017年10月

赤の点滅信号を直進したところ左から来た車と衝突した事故

ハンドルネーム:ショコラティエさん(30代女性 栃木県)
事故の時期:平成15年11月頃
加入していた保険会社:日本興亜損保
---------------------------
当時私は大学生で、免許を取って半年ほどの初心者ドライバーでした。隣県に住んでいた祖母が亡くなったと連絡が入ったため、大学の帰りにそのまま祖母の家まで行き、その日は泊まって翌日そこから大学に行くことになりました。

高速道路は怖くて乗れなかったので、下道で行こうと思い私は6時に祖母の家を出て大学に向かいました。外はまだ暗く、夜はあまり運転したことがなかったので怖かったのですが、遅刻が心配だったので急いでいました。

祖母の家を出てから5分ほどすると、十字路の交差点に差しかかりました。そこは点滅信号になっていて、私の進行方向は赤の点滅信号です。急いでいた私は一旦停止せずに、軽く左右を確認しただけで交差点内に進入してしまいました。

車は来ていないと思っていましたが、右から走って来た車にぶつかり、相手の車の左側のフロント部分を破損してしまいました。私の車はバンパー部分が大きくへこみました。

相手の方と近くの交番に行き、警察官の指示に従って日本興亜損保へ電話し対応をお願いしたのを覚えています。受け答えもとても丁寧で、当時若く不安そうに話す私に「こちらでやりますので、あとは大丈夫ですよ」と言ってくれたのが印象的でした。その言葉がとても心強く、安心してお任せすることができました。

結局赤信号の点滅で交差点内に進入した私の過失は大きく、相手の方に保険料を支払いましたが、うまく交渉してくださったのか、思ったよりも金額は低かったです。

対応も迅速で、その後5日ほど祖母の家に泊まったのですが、その間に交渉が成立したのでとても安心して自宅に帰ることができました。
相手の方との直接的なトラブルもなく、穏便に解決したことも良かった点の一つです。

ディーラーへの連絡も早く、事故後すぐに担当の方から心配する電話が入ってとても驚くと同時に嬉しかったです。

自分の車の修理代も保険からまかない、等級も下がりましたが初めて入った自動車保険が日本興亜損保で良かったと思える出来事でした。

<参考>
等級について知りたい方はこちらのサイトがおすすめ
自動車保険の等級制度ガイド

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり

駐車スペースで顔見知りの人の車にバックで衝突した事故の体験談

ハンドルネーム:ふなさん(30代女性 長野県)
事故の時期:平成27年5月頃
加入していた保険会社:あいおいニッセイ同和損保
---------------------------
公共施設の駐車場で田舎なこともあり、整備されていない駐車スペースで他の車にぶつけてしまいました。私の車がバックして、相手の車のバンパー、ボンネット部分を破損した形です。

壁や木などぶつけたことはあるものの、車は初めてでとても慌てました。相手の車は誰も乗っていなくて駐車されていたため、職員の方に呼び出してもらったところ、相手は施設でよく顔を会わせる方で保険の仕事をしていたことがあり、私より落ち着いていました。

まず、相手の名前、住所、電話番号を伺い、代理店に連絡を入れました。代理店から保険会社に連絡してもらい、そこから相手の方へ連絡して、保険の使用の話を進めました。

その際に先方にどのように伝えたかの連絡はなかったです。でも、翌日に相手の方のお宅へお詫びに伺ったところすでに保険会社から連絡があり、当月中に修理の見積もりを行うことで話が済んでいました。

次に自分の車についてですが、ぱっと見てわかる傷は私の車にはありません。ただ、代理店が修理もやっており、身内だったため、念のために見てもらうことに。

結局、自分では気づかなかったライトの割れとボディの一部に破損がありこちらも保険で修理しました。その分も代理店から直接保険会社へ連絡が行き、私は特に手続き等はありませんでした。

最後にこの件で保険を使って一点不安だったのが、自分はすぐに修理をして翌月頭には保険会社から修理の分の支払いが行われた通知が来たのですが、相手の方の分は3ヶ月近く何も連絡がなかったことです。

顔見知りのため保険を使うのを遠慮されているのかと気になりましたが、本人に催促するような電話も出来ないので、保険会社へ状況確認をすればよかったです。

ようやく修理とその間の代車費用が支払われた通知が来たので、相手の方に電話して改めてお詫びし、修理後の不便はないか伺ったところ、多忙で修理が遅れたことを知りました。

こちらが一方的に悪いので、詳しく状況を聞けない分、保険会社で経過を連絡してもらえるとよいかなぁと思いました。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり

雪で視界がほぼゼロ(ホワイトアウト)の状況での事故の体験談

ハンドルネーム:amanakunさん(39歳男性 福井県)
事故の時期:平成25年1月頃
加入していた保険会社:あいおい損保
---------------------------
これは、任意の自動車保険を利用した、私個人の体験談となります。

平成25年1月頃、かなり雪が強く降っているある日、私は車を走らせていました。当時は、視界がほぼゼロであり、所謂、ホワイトアウト(吹雪が酷過ぎて、視界ゼロとなること)な状況でした。数cm先が見えない状態となっており、ライトを点けて徐行運転をしていました。

そんな中、自動車を運転中に、「ドカン」という音がしました。車を停めてみると、バンパーの部分が凹んでいました。現場に車を停車させて、私は速やかに110番通報をしました。ただ、相手方はその場を走り去ってしまったため、自動車事故として処理はされたものの、相手方不明案件となりました。

吹雪の中、現場検証は困難と警察が判断したため、後日、検証がされました。事故当時、私はとある事業所で働いていました。被用者が事故の被害者として処理されて、休業補償給付が支給されることになりました。事故に遭ってから1ヶ月間は、休業補償給付が出ました。これについては、所得税は非課税の扱いとなります。また、事故に遭った事が原因なのか、鞭打ちの状態となりました。首の部分に違和感を感じており、これは事故に遭ってから半年位在りました。

鞭打ちについてですが、画像診断をする必要が在ります。MRIでの画像診断を受けて、医師の診断は「異常あり」ということになりました。休業給付は出ましたが、その後は事故が原因で事業所を退職せざるを得なくなりました。「不安定な状態で働かれては、労働災害に遭うので」というのが理由であり、「治ったら、また来てほしい」と事業所から宣告されました。入院の必要性は無く、保険適用期間中は仕事をした日も含めて、通院を繰り返していました。

通院期間は半年間であり、7月に入ると示談手続きのために保険会社に書類を提出しました。それから2ヶ月後、9月になると後遺症認定(14級)されて、保険金が支給されるようになりました。

因みに、私が加入している保険会社ですが、男子社員の服務規程は厳しく、「男子社員で、茶髪で金あるいは銀のネックレス(不良や暴力団、暴走族等が着用しているもの)を着用している者」は違反行為としているそうです。保険会社は大手金融機関等に分類されており(ネット系は別です)、反社会的勢力からの不当要求を断固拒否しています。

保険会社では、男子社員が茶髪でネックレス着用は反社会的とみなされることになっていますが、本当にそういう人物がいると、「不当要求や暴力行為は、断固拒否」と謳っているだけの、正当な事業者を騙っている詐欺集団だと思います。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり