カテゴリー別アーカイブ: チューリッヒ

交差点で右折車と衝突した事故

ハンドルネーム:たけしさん(30代男性 北海道)
事故の時期:平成24年4月頃
加入していた保険会社:チューリッヒ保険
---------------------------
平成24年の4月に自動車を運転していて事故を起こしてしまいました。
事故の状況は、私が交差点を直進しようとした時に
対抗車線を走っていた自動車が右折をしようとして衝突。
私の自動車はフロント部分を大きく破損しました。

幸いにも私も相手の運転手も怪我はありませんでしたが、かなり大きな衝撃があった事故でした。
衝撃音によって、周囲に人だかりができた程です。すぐに周囲にいた人が警察を呼んでくれました。

私は加入していた自動車保険会社チューリッヒに電話しました。
その際には、自動車が大きく破損したこと、怪我はないことなどを伝えました。

チューリッヒの対応は迅速で無駄がなく、
すぐに最寄りの自動車修理工場から牽引できる自動車で駆けつけてくれました。
チューリッヒと提携している自動車修理工場の人です。

まずは警察の事情聴取と現場処理のため、1時間ほど時間がかかりました。
途中ずっとチューリッヒが手配してくれた自動車修理工場の人は待っていてくれて、
少し気が動転していた私に優しく声をかけたりしてくれました。

警察の現場処理を終えて、直ぐに修理工場に破損した自動車を牽引して運んでもらいました。
そして、そのまま自動車の修理をお願いしました。

チューリッヒは事故の相手方と事故の交渉などをしてくれて、
結局は相手方の過失が大きいということになりました。
私はチューリッヒの車両保険にも加入していたので、修理費などは一切かかりませんでした。
怪我は無かったので、これで全ての事故処理は終了しました。

この事故によるチューリッヒの対応は、とても迅速で無駄がなく非常に助かりました。
事故を起こしたのは初めてのことなので、
気が動転していて何をしなければならないのか分からなかったのですが、
事故直後にチューリッヒに電話してから事故処理が全て終わるまで、とても丁寧に対応してくれました。

通販型の自動車保険は、事故やトラブルの対応が非常に素晴らしいと思います。
今後もチューリッヒの自動車保険に加入していくつもりです。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり

駐車場からの出る際に駐車中の軽自動車に気づかず接触。。

ハンドルネーム:とんとんトムトムさん(40代女性 広島県)
事故の時期:平成22年11月頃
加入していた保険会社:チューリッヒ
---------------------------
私が任意保険を使ったのは、初めて事故を起こしたときです。
事故といっても接触事故ですが、初めてのことで少し慌てたのを覚えいます。

事故の日は仕事で人と打合せがあり、待ち合わせ場所まで行ったのですが、
初めて行く場所で、建物の駐車場が止めにくい作りになっていました。
仕事が終わり帰るころには薄暗くて、駐車場が暗かったのを覚えています。

飲食店の駐車場だったので満車状態で、一番奥に駐車していた私は、
バッグで通路まで出ないと行けず、ゆっくりバックして切換えをすれば終わるというその時に、
柱の横に駐車してあった軽自動車に気づかず、私の後部側面と軽自動車の軽自動車前面が接触して、
軽自動車の前面をぶつけてしましました。

すぐに店内に行き、軽自動車の持ち主を探して謝罪するとともに、
飲食店の側にいあった交番に行き事故処理をしてもらいました。

すぐに自動車保険に加入していたチューリッヒに電話をして、
指示通りに相手の方との車の修理の話をし、相手の連絡先・修理工場等を聞いてその場をあとにしました。

その時のことは、正直あまり覚えていません。
すごく心臓がバクバクしたのをだけは、覚えています。

相手の方には申し訳ないのですが、駐車場での接触事故でまだ良かったと思いました。
相手の車の人に怪我でも負わせたら、と考えただけで怖いです。

その後、チューリッヒと相手の修理工場と処理をしているので、
私が一切手間を取られることはありませんでした。

チューリッヒはネットで事故処理の状況が確認できたので、
今、どの状況なのかと気にすることなく、状況がわかるので助かりました。

修理が終わってから、チューリッヒが相手側の修理代金○○を保険より支払いしました。
と知らせがすぐに来たので、スピード処理には正直ありがたいと思いました。
修理代金が払われるまで、ずっと事故の事が気になって仕事が手に付かなかったからです。
代金を支払いが終わったと確認して、ようやくホッとしました。

私自身の車の修理も、車両保険を利用して修理でしたので事故の傷あとはありません。
事故から処理まで、チューリッヒが間に入り処理をしてくれたのでとても助かりました。

ネットと電話でのやり取りだけなので、大丈夫かなという不安がありましたが、
処理も早いし、かといって事務的でもないので良かったです。
任意保険に入っていて、良かった思いました。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり

運転手が助手席の人と話し込んでいた後方の車に追突される

ハンドルネーム:HTさん(43歳男性 東京都)
事故の時期:平成20年1月頃
加入していた保険会社:チューリッヒ
---------------------------
自分が自動車保険を使用したのは、
正月の帰省時に高速道路で追突事故にあった時です。

私は帰省の為に都心方面に向かって車を走らせていました。
調布インターチェンジが近づいてきたところで、前方に渋滞の最後尾が見えてきました。
正月の上り方面は遊びに行く人も多く、少し渋滞をしていました。

ゆっくりとブレーキを踏みながら減速をしていきました。
渋滞はしていましたが、それ程ひどい渋滞ではないようでしたので、
予定時間には間に合うであろうと思いました。

ふと、ルームミラーを見ると、後方から大型SUVが迫って来ていました。
運転をするドライバーは助手席の人と話しこんでいるようで、
よそ見をしているのが気にはなりましたが、問題はないだろうと思いました。

しかし、ドライバーは前方の状態を把握しておらず、
スピードが落ちていない事に気が付き、同乗する家族に「危ないから、伏せて」と叫びました。

案の定、大型SUVは途中で気が付き、
ブレーキをかけたようでしたが私の車に衝突をしました。
大きな衝撃とともに車がゆれました。

先ずは家族に無事の確認を取りました。
どうやら怪我はないようでしたので、ホッとしました。

車から降りて、後方の大型SUVに向かいました。
大型SUVのドライバーもこちらに向かっており、追突した事に対して謝罪をしてきました。

保険加入の有無を確認したところ、
任意保険には加入しているとのことでしたのでホッとしました。
警察に電話をかけてもらうよう依頼をしました。

自分も訪問予定だった親類に電話をかけるとともに、
加入している自動車保険会社に連絡を取りました。
警察への連絡を促されるとともに、事故の状況確認の話になりました。

話の内容から、追突した側の保険会社からの支払いで
修理代金や通院等の費用は補償されるであろうとの説明とともに、
見舞金がでるとの話を聞きました。

まずは警察の事故見分を受けて、状況等の説明をしました。
40分から50分ほど対応をしたのではないかと記憶をしています。
その後、病院で診察を受けて、通院をする事になりました。

また、自動車保険会社に手続きをすすめて保険金の受け取りを無事に行なうことができました。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり