飛び石による窓ガラス破損で車両保険を使用

ハンドルネーム:yuuさん(30代男性 鹿児島)
事故の時期:平成21年夏頃
加入していた保険会社:三井住友海上
---------------------------
過去に飛び石でのフロントガラスの傷を直したいのに、
任意保険で車両保険に加入していなかったことで、
泣く泣くフロントガラスをリペア(修理)して乗り続けていました。

そういったことが何回かあったので、更新の際に車両保険も付けることに。
保険料は大きく上がりましたがこれで安心感抜群に。

とはいえ、よくある話ですが、こういう準備をしたときに限って、
なかなか使用する機会はこないもので…。

使用することがないことにこしたことはないですが、
せっかく加入したのになと複雑な心境だったことを覚えています。

そして車検のタイミングが来て、いざ車屋へ。
そんなタイミングで?と自分でも驚きましたが、
車屋へ行く途中に、見事に飛び石に引っ掛かりフロントガラスに傷が入ってしまいました。

もともと車屋へ行く途中だったので、そのままお店へ行き見てもらうと、
リペアなら数千円ですが、リペアは応急処置なので、フロントガラスの交換をお勧めしますとのこと。価格は約10万円(当時乗っていたのはアルファードです)

これは保険を使うしかないと、保険会社へ連絡。
飛び石も対象になる車両保険に加入していたのでスムーズにガラス交換へ。

保険会社とのやりとりも、基本的にはその来店した車屋と直接やってもらい、
現状確認等も車屋さん任せで進んで行きました。

車検を実施する予定だったのが、ディーラーだったので交換部品もすぐに手配できるとのことで、
保険会社とのやりとりも最初の連絡と保険適用後の保険料等の確認で電話した程度ですみました。

当然ながら車検点検とは別日になりましたが、無事にフロントガラス交換へ。

飛び石自体はリペアで目立たなくすることはできますが、
よくよく聞いてみると、小さな傷でも一度入ってしまうと
次にフロントガラスに飛び石などの衝撃がかかった際に
非常に強度が落ちるということまで、保険会社が教えてくれました。

車両保険を使用することで、保険料は上がりましたが、
上記のような不安を抱えながら、走るよりは、安心感が全然違います。

何より大事な愛車に傷がついたままにしておくのは嫌だった私は
任意保険(特に車両保険)のありがたさを実感することができました。

<管理人追記>
飛び石による車両保険の使用ですので、
平成21年当時ですと等級は下がらず「すえおき」となるはずです。
よって、次回の保険料が上がっていたのなら、それ以外の理由かもしれませんね。

※参考サイト
自動車保険の等級制度ガイド

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり