キャンプ場でぬかるみにハマって動けなくなってしまった。。

ハンドルネーム:ぴろさん(40代女性 北海道)
事故の時期:平成24年9月頃
加入していた保険会社:東京海上日動
---------------------------
去年の秋ごろ、その年の3月に買ったばかりの
フィットシャトルで初めてのオートキャンプにでかけました。

家族(夫婦、犬)2人と一匹での初めてのアウトドアです。
外でバーベキューするべく準備もおこたりなく、タープなんかも用意して出かけました。

天気もよく、すがすがしい秋の日差しをあびて順調に目的地のキャンプ場につきました。
オートキャンプなのでテントは設営しませんが、
車の近くにタープがはれるような場所をさがして、しばらくうろうろしました。

キャンプ場はシーズンオフの少し前くらいなので、それほど人はいません。湖のほとりのキャンプ場です。
すこし広い平らな場所があるところをさがして、ここがいいなという場所に車を止めました。

止めてみると微妙に景色が見えない感じだったので、
もう一度移動して場所をさがそうと、エンジンをかけ動かそうとしました。

ところが前の日に雨が降っていたので、周りの土がぬかるんでいて
前にも後ろにも埋まってしまって動かなくなってしまったのです。

必至に抜けようとしているうちに、少しだけその場にいたキャンパーの方々が来てくれて
一緒に押したりしてくれたのですが、まったく動かず….
結局キャンプ場の管理人さんを呼ぶことにしました。

わりあいすぐ来てくれて、牽引することになりました。
管理人さんが車に引っ張るときひっかける場所が見当たらないといわれ、
こちらも買い替えてから日が浅いのでよくわからず、
そのうえ着いたばかりでこんなことになってしまって焦ってしまいました。

バンパーのしたあたりにありそうだということでしたが、
管理人さんはここを引っ張るとはがれそうだといっていたんですが、
こっちはもう気が動転しているので「とりあえずお願いします」
といって車を引っ張りあげてもらうことになり、なんとかぬかるみからは脱出することができました。

管理人さんが去ったあと、車を確認すると新車なのにバンパーの下に穴があいてしまいました。

あわてて、保険会社の担当者に電話しました。
いつも何かあるとすぐに適切なアドバイスをくれる方なので、
今回も迅速な対応をしてくださり、後日車は直すことができました。

次回の保険等級は上がってしまうけれど、連絡してほっとしました。
あのまま帰れない動けないでは、楽しいはずのキャンプも台無しですからね。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり