考え事をしていて赤信号見落とし、他車と衝突した事故

ハンドルネーム:自由人さん(40代男性 愛知県)
事故の時期:平成18年5月頃
加入していた保険会社:あいおいニッセイ同和損保
---------------------------
それは、私が派遣会社で働いていた30代後半の頃でした。

当時、精密電子機器の設計補助の仕事をしており、
7~8人ぐらいの人員で設計プロジェクトを遂行していたのですが、
とにかくプロジェクトチームの連携が悪く、コミュニケーション不足と言いますか、
一人だけ何を考えて行動しているのかが全く分からないチームリーダーがおりまして、
悩みと苦闘の最中でした。

その頃に乗車していた車は、ホンダのアスコット。
当時としては、珍しいフェンダーミラーの白い車でした。

車を運転中に、その問題のチームリーダー?の事を
考えながら小さな交差点に入る際に、赤信号を見落としてしまいました。

運悪くこちらのスピードが50~60ぐらい出ていたでしょうか?
左から直進してきた乗用車と衝突してしまい、
その衝撃で私の車は、右の方にあった電柱に再度衝突、
見事に車体の前部を全損に至る破損という事故で終わりました。

その時の相手方の運転をされていた方は、
鞭打ちがあったようで、人身事故という扱いになってしまいました。

損害の補償自体は、保険会社の方が丁寧に処理して下さいましたので、
さほど大変ではありませんでしたが、事故を起こした当事者として、
心ばかりの品を用意し、平謝りでお見舞いに伺いました。

相手の方は、割と物分りの良い方でして、
「誰でもそういう事はあるから、今後は気をつけて下さい。」
との暖かい励ましを頂き、損害保険の処理はスムーズに行きました。

事故当初、人身事故となってしまったので、運転免許の停止を覚悟していました。
事故証明に来ていた警察官にいきなり「酒でも飲んでいたんじゃないか?」と
横柄な態度で尋問されましたが、事情を説明すると「気を付けて下さい。」の一言で終わりました。

その後、しばらくして警察に出頭する様に言われ、
行きますと運が良かったのか点数の減点のみで、免許停止という大事には至りませんでした。

本当に「人身事故は起こすものではないな」という事を痛感しました。
また同時に、任意保険に「絶対に加入していないといけない。」と感じました。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり